atserver-logo
@SERVER
ヘルプトップ > ガイド > ホームページ > アクセス解析
@SERVER ヘルプ
アクセス解析 一覧を見る
アクセス解析機能を標準で搭載しています。ただし、移行前のサーバーでのアクセスの履歴は移行されていませんので、ご了承ください。
  1. パスワードの設定
  2. アクセス解析の結果を見るには
  3. AWStatsの概要
STEP1 パスワードの設定
コントロールパネルにログインし、「ウェブサイトとドメイン」から「高度なオペレーション」内の「パスワード保護されたディレクトリ」を開きます。
保護ディレクトリのリストに「/plesk-stat」がありますので、これをクリックします。
保護ディレクトリユーザとして、お客様のFTPアカウント名があらかじめ登録されていますので、これをクリックします。
パスワード設定画面になりますので、2ヶ所に同じパスワードを入力します。FTP接続用のパスワードと同じである必要はありません。
最後に「OK」をクリックすると、準備が完了します。
STEP2 アクセス解析の結果を見るには
※ サーバーの稼動のタイミングにより、解析するログが生成されていないケースがございます。この場合、数日後に再度お試し下さい。
コントロールパネルにアクセスし、「ウェブサイトとドメイン」タブの「ウェブ統計」をクリックします。

https://(お客様ドメイン名)/plesk-stat/webstat/ に直接アクセスすることでも閲覧可能です。
また「http://お客様ドメイン名/plesk-stat/webstat-ssl」としてアクセスいただくことでhttpsへのアクセスに対する解析結果も確認いただけます。
認証画面が表示されますので、ユーザー名にFTPアカウント名を、パスワードにはアクセス解析ページ用に設定したパスワードを入力します。

認証画面の表示例
アクセス解析画面が表示されます。
STEP3 AWStatsの概要
標準では「AWStats」というアクセス解析ソフトを使用しています。
Awstatsはウェブのアクセスログを毎日解析し、当月のレポートページを作成します。当月分のレポートは、日を追うごとに前回集計分以降の新規ログ分の差分を追加で計上してゆくので、サマリー等で閲覧できるページ数などは変化していきます。
「AWStats」の画面が日本語で表示されない場合は、お手数ですが、サポートセンターまでご連絡ください。
サマリー、訪問者/訪問数/ページ数/件数/バイト数
当月のアクセス概要についてまとめた項目です。
訪問者
当月にアクセスのあったユニークなIPアドレス数です。同じIPアドレスから2回アクセスがあった場合、1回にカウントされます。
訪問数
当月内アクセスのあったIPアドレス数の総数をカウントします。たとえば同じ日に時間を置いて、同一のIPアドレスから2回アクセス数があった場合は2としてカウントされます。(訪問者より多い値になります)
ページ
一般的にサイトの指標とされる数値で、ページビューとも呼ばれます。当月内のアクセスのうち、「/」で終わったもの(「index.html 」も含む)や「〜.html」、「.cgi」などの有効なアクセス数(エラーでないもの)をカウントします。.jpgファイルや.cssファイルなどへのアクセスは除かれます。
件数
「アクセス数」とも呼ばれるもので、当月分のhtmlはもちろん、.jpg、.css等のファイルへのアクセスも1カウントとして計上します。
バイト
「転送量」とも呼ばれるものです。当月、どれだけのファイル転送が生じたかを集計しています。
年単位で見ると、各月どのような数値データが残っているかをまとめた項目です。
日付
当月のログデータが存在する日ごとのアクセスをまとめたものです。日ごとの訪問者については、同じユーザと判断される場合は、最上部のサマリー内ではマイナスされています。
曜日
当月のログデータを曜日ごとにまとめた項目です。
時間
当月のログデータを0時〜23時台の時間帯で区切ってまとめた項目です。
訪問者・ドメイン/国名
国別のアクセス元のデータは出る仕様にはなっていませんのでこのデータは無視してください。
ホスト
当月、アクセスの多かったIPアドレス順にまとめた項目です。
ロボット/スパイダーの訪問者
検索エンジン用として認知されているプログラムからのアクセスをまとめています。
訪問の長さ
ログデータより訪問者の平均的な滞在時間を推測したデータです。
ファイルの種類
当月、リクエストの多かったファイル種別を拡張子ごとにまとめた項目です。
Downloads
PDFなどの設置ファイルのダウンロード状況をまとめた項目です。
URLページ
アクセスの多かったファイル名です。ここでいう「入り口」とは「最初に訪れたページ」、「出口」は「最後に訪れたページ」の意味です。
オペレーティングシステム
Windows、MacOS、Linuxなど、当月のアクセス元の端末で使用されているOSを解析する項目です。
ブラウザ
ログデータからブラウザ名を特定できる場合に、レポートする項目です。
このサイトへのアクセス元
「リファラー」「参照元」のレポートです。
検索文字列(キーフレーズ・キーワード)
検索エンジンで特定の文字列を検索した結果、サイトにアクセスがあった場合はリスト化する項目です。
HTTPエラーコード
通常、成功したアクセスは200番、304番等のステータスコードが記録されますが、成功しなかったアクセスの数等をまとめている項目です。
以上でAwstatsのWebレポートの見方は終わりです。