atserver-logo
@SERVER
ヘルプトップ > ガイド > ホームページ > FTPアカウント情報の確認方法
@SERVER ヘルプ
FTPアカウント情報の確認方法 一覧を見る
  1. コントロールパネルにログイン
  2. 「FTPアクセス」>対象のアカウント確認
  3. パスワードの設定
  4. FTPソフトの設定(FFFTPの例)

※従来「/web」配下にアップロードしていただいていたホームページのコンテンツは「/httpdocs」配下にアップロードすることで表示されます。
STEP1 コントロールパネルにログイン
コントロールパネルにログインします。対象の契約を選択します。

STEP2 「FTPアクセス」>対象のアカウント確認
「ウェブサイトとドメイン」メニューより、「FTPアクセス」をクリックします。



FTPユーザリストの表示例
※既定ではFTPアカウントが1行だけ表示されます

あらかじめウェブユーザが追加されている場合の表示例
※サイト全体を管理するFTPアカウントは「z」で始まるもので、
「ホーム」が「/」のみとなっています。アイコンでも区別できます。
ウェブスペース内のFTPユーザリストが表示されます。

既定の状態では1行のみ追加されますが、FTPアカウントを既に追加している場合は【追加FTPアカウント】を含む複数行表示されます。
該当のアカウント名をクリックしてパスワード設定画面に進むことができます。
STEP3 パスワードの設定(再設定)
FTPアカウント名をクリックした次の画面ではパスワードの設定(失念した場合の再設定)が可能です。
FTPアカウントのパスワード変更画面

「ウェブサイトとドメイン」>「FTPアクセス」>「FTPアカウント名」
「ウェブサイトとドメイン」>「FTPアクセス」>「FTPアカウント名」をクリックした画面です。
ユーザ名の確認、変更、パスワードの変更が可能です。(パスワード文字列は確認はできませんので再設定のみ可能です)
IPアドレスを記録し、パスワードを設定したら「OK」をクリックします。
パスワードは入力する文字数と英数字記号の組み合わせ方により最弱・弱・中・強・最強まで変化します。

入力したパスワードが容易に推測できるため「最弱」と表示される状態

入力したパスワードが「強」と表示される状態

2ヶ所のパスワードの内容が一致していない場合、「OK」ボタンクリック後にエラー画面が表示されますので、2ヶ所とも再度入力してください。
「ホスティング設定が更新されました。」が表示されると、FTPアカウントの準備が整ったことになります。
この後で再度「FTPアクセス」から、アカウントを確認しても、パスワードは空欄になっていますが、サーバー側では設定されたパスワードが記録されています。失念した際にはそのまま上書き設定することができます。
FTPアカウントを追加で作成することもできますが、「FTPアカウント名」には「@」マークをご利用になれません。ご注意ください。
STEP4 FTPソフトの設定
FTPソフトの設定をします。
管理画面(ウェブブラウザ)上の作業ではなく、ご自身の使い慣れたソフトで設定ください。

本ガイドでは「FFFTP」 というソフトを例に説明しています。
デスクトップにショートカットアイコンがある場合は、FFFTPのアイコンをクリックするなどして、FFFTPを起動します。
既存の接続設定画面を開きます。
接続先ホストの「ftp.(ドメイン名)」の部分をIPアドレスに書き換えます。 IPアドレスは、メール記載の「・旧サーバのIPアドレス(ウェブ)」をご確認ください。
書き換えが終わったら「OK」ボタンで設定画面を閉じます。従来どおりに接続ができることを確認してください。
切替先サーバーの接続情報を追加(新規作成)します。
設定名は旧サーバーと区別の付く名称にしておきます。
ホスト名には、IPアドレスを入力します。IPアドレスの確認方法を参照するか、FTPアカウントの作成の際に確認したIPアドレスを用います。移行案内のメールでもご確認いただけます。
項目入力内容備考
設定名example.org(新サーバー)新サーバーとして区別できる名称にしておきます。
ホスト名
(アドレス)
PPP.QQQ.RRR.SSS半角数字とピリオドで入力します。
ユーザー名(FTPアカウント)コントロールパネル上で確認したFTPアカウントを入力します。
パスワード(FTPパスワード)コントロールパネル上で設定したパスワードを入力します。
ユーザー名は、FTPアカウントの作成の際に確認したユーザー名を、パスワードには、FTPアカウントの作成の際に設定したパスワードをそれぞれ入力します。
ホストの初期フォルダは「/httpdocs」を入力します。
※従来「/web」配下にアップロードしていただいていたホームページのコンテンツは「/httpdocs」配下にアップロードすることで表示されます。
接続ポートは「21」、PASVモードをオン、Firewallに関する設定は、通常はオフです。(特別な設定がある場合、旧サーバーの接続設定を参考に設定してください)
「OK」ボタンをクリックして、新旧サーバーへのFTP接続が設定できました。
ホスト一覧から保存した設定名を選択し、接続ボタンを押します。

正常に接続されると、FFFTPのステータスウィンドウ(灰色の画面)では
230 User【FTPユーザ名】logged in.
>> CD C:\Documents and Settings(ローカルのフォルダ)
>CWD /httpdocs
250 CWD command successful
>XPWD
257 "/httpdocs" is current directory.
というようなメッセージが出ます。