atserver-logo
@SERVER
ヘルプトップ > ガイド > メールの設定 > スパムフィルタの有効化
@SERVER ヘルプ
スパムフィルタの有効化 一覧を見る
  1. コントロールパネルにログイン、対象の契約を選択
  2. メールタブを開き、対象のメールアドレスを選択
  3. スパムフィルタタブを開く
  4. 設定画面で設定後、OKをクリック
  5. メールソフト側でフォルダ分け設定
STEP1 コントロールパネルにログイン、対象の契約を選択
コントロールパネルにログイン後、上部の契約のプルダウンにて対象のホスティング契約を選択します。
STEP2 メールタブを開き、対象のメールアドレスを選択
メールタブを開くと作成済のメールアドレス一覧が確認できます。
設定対象のメールアカウントをクリックします。
STEP3 スパムフィルタタブを開く
対象メールアカウントの設定画面になりますので、「スパムフィルタ」のタブを開きます。
STEP4 設定画面で設定後、OKをクリック
「このメールアドレスに対してスパムフィルタを有効にする」にチェックを入れます。
スパムに分類されたメッセージに対する処理」を選択します。
スパムメッセージの件名に指定テキストを追加してマーキングする(推奨A)
件名にSPAMなどを入れたい場合はテキストボックス欄に「***SPAM***」などの迷惑メールとわかる文字列を入力します。仮に誤判定でSPAMと判断された場合もメールソフト側にメールが届くのでメールの取りこぼしなどがなくなり、件名に特定の文字列を入れることでメールソフト側での振り分けなども可能になります。
スパムメッセージをすべて削除する(非推奨)
スパムメッセージは受信ボックスから削除されます。フィルタリングの誤判定の可能性があるため、推奨しません。
スパムをスパムフォルダに移動する(推奨B)
スパムメッセージをすべて「スパム」フォルダに移動します。 このフォルダはウェブメールからアクセス可能です。 誤判定をした場合で正常なメールがスパムフォルダに振り分けられてしまった場合も、このフォルダはウェブメールからアクセス可能です。ただしHordeの保守機能でデータが削除されてしまう場合もあるため、誤判定で正常なメールが読まないままになってしまうというリスクはゼロではありません。
設定変更後は「OK」をクリックします。
STEP5 メールソフト側でフォルダ分け設定
例えばSTEP4で[スパムメッセージの件名に指定テキストを追加してマーキングする(推奨A)]を選択し、件名指定に 「***SPAM***」を入れた場合、SPAM判定されたメールの件名には「***SPAM***」が付与され受信ボックスに届きます。受信メールについてはメールソフト側でフォルダ分けをするようにします。
付録
高度な設定欄
下部にある「高度な設定を表示する」をクリックしますと、上記以外の設定も可能となります。
スパムフィルタの感度
スパム判定の基準スコアといえる値で、数値を下げるとSPAMとして扱われやすくなります。
ホワイトリスト
誤判定により正常なメールが迷惑メール判定された場合は、ホワイトリストに正常なメールのメールアドレス、もしくは「*@送り先のドメイン」 を入力することで、正常なメールとして届くようになります。(99件まで)
ブラックリスト
受信しないメールアドレスを指定することができます。(99件まで)