atserver-logo
@SERVER
ヘルプトップ > ガイド > メールの設定 > Mozilla Thunderbird
@SERVER ヘルプ
Mozilla Thunderbird 一覧を見る
Thunderbirdは細かい周期でアップデートを行うため、バージョンによって画面が異なる場合があります。ここでは2013年2月時点の最新版である17.0.2に基づいて案内します。
  1. 現在のメール設定の変更
  2. 新しいサーバの設定の追加
  3. 切替完了後
STEP1 現在のメール設定の変更
Thunderbirdを起動して、アカウント設定画面を開きます。
現在のアカウントのサーバ設定を開き、サーバ名を「mail.(ドメイン名)」から「旧サーバーのIPアドレス(メール)」に書き換えます。
続いて送信サーバの設定を開き、ここも「mail.(ドメイン名)」から「旧サーバーのIPアドレス(メール)」に書き換えます。
送受信でエラーが発生しないことを確認します。このとき、旧サーバのメールパスワードを確認するダイアログが表示され、入力を必要とする場合があります。
STEP2 新規のメール設定の追加
再びアカウント設定画面を開き、画面下側の「アカウント操作」から「メールアカウントを追加」をクリックします。
名前は送信時に表示させる名称、メールアドレスは現在お使いのメールアドレスを入力します。パスワードは新しく用意されたパスワードを入力します。
「続ける」をクリックすると自動で検索が始まりますので、ここでは「手動設定」をクリックします。
サーバーのホスト名は受信・送信とも「新サーバーのIPアドレス」を半角数字とピリオドで入力します。
ユーザ名欄はメールアドレス形式になりますので、@マーク以降も入力します。
受信ポートはPOP3の場合「110」を手動で選択します。
送信ポートは「587」を手動で選択します。
SSLは「保護なし」、認証方式は「パスワード認証」を手動で選択します。
最後に「完了」をクリックします。
警告画面が表示された場合、内容を確認の上、チェックボックスをオンにして「完了」をクリックします。
アカウントが2つできましたが、同じメールアドレスについての設定なので、区別ができるように切替後のアカウントの名称を変えておきます。
アカウント設定画面を再度開いて、名称を変更します。
ここまでで、メールソフトの2重設定が完了しました。
STEP3 切替完了後
送信メールサーバの既定値を新サーバーに切り替えます。
旧サーバー側にメールが届かなくなったことを確認して、旧サーバー用のメールボックスでの受信を行わないようにします。
アカウントを削除する場合は、事前に旧サーバー用のメールボックス内のメールをコピー・保存してから行ってください。 アカウントを削除するとメールボックスも画面に表示されなくなり、以前のメールを確認することができなくなります。サーバーからも削除されてしまっている場合、または、旧サーバーの停止後には弊社では復元できませんので、充分に注意して操作してください。