atserver-logo
@SERVER
ヘルプトップ > ガイド > メールの設定 > メールソフトの移行準備(Outlook2010もこちらをご覧ください)
@SERVER ヘルプ
メールソフトの移行準備(Outlook2010もこちらをご覧ください) 一覧を見る
スムーズな切り替えを行うために、各パソコンのメールソフトで事前に2重設定を行っておきます。
本例ではexample.orgというドメイン名で「taro@example.org」というアカウントを移行することを前提として案内を進めます。
Outlook2010を例にした画面ですが、他のメールソフトでも行う作業は同様です。
事前にメールデータのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  1. 現在のメール設定の変更
  2. 新しいサーバの設定の追加
  3. 切替完了後
STEP1 現在のメール設定の変更
現在ご利用のメールソフトを起動して、アカウント設定画面を開きます。
「【@SERVER】新サーバ設定作業開始のお願い」(または「【@SERVER】新サーバ設定完了のお知らせ」)のメールの「・旧サーバのIPアドレス(メール):AAA.BBB.CCC.DDD」を確認します。(AAA〜DDDはいずれも、1〜3桁の数字)
アカウント情報の中でサーバ名「mail.(切替対象のドメイン名)」の部分を、「AAA.BBB.CCC.DDD」(半角の数字とピリオドで入力)に書き換えます。
送受信でエラーが発生しないことを確認します。このとき、メールソフトによって、旧サーバのメールパスワードの入力が必要となったり、サーバにメールを残す設定のときに未読・既読情報がリセットされて下記のメールをダウンロードする場合があります。
STEP2 新規のメール設定の追加
「【@SERVER】新サーバ設定完了のお知らせ」のメールの「・新サーバのIPアドレス:PPP.QQQ.RRR.SSS」を確認します。(PPP〜SSSはいずれも、1〜3桁の数字)
切替後のメール設定を確認します。メールソフトで設定に必要な項目は以下のとおりです。
入力項目入力する内容注意事項
メールアドレス(切替対象のメールアドレス)以前のものをそのまま使います。
受信メールサーバーPPP.QQQ.RRR.SSS切り替え完了まではIPアドレスを使います。半角の数字とピリオドで入力します。
送信メールサーバーPPP.QQQ.RRR.SSS切り替え完了まではIPアドレスを使います。半角の数字とピリオドで入力します。受信メールサーバーと同じIPアドレスです。
アカウント名(切替対象のメールアドレス)@マーク以降も正しく入力します。
パスワード新しく用意されたパスワード全てのユーザについて新しいパスワードとなります。一覧はコントロールパネルから確認してください。
受信形式POPまたはIMAP-
送信認証認証が必要受信と同じアカウント名とパスワードを使います。
送信ポート587-
現在ご利用のメールソフトでアカウントの追加(新規作成)を行います。
電子メールアドレス・受信メールサーバー・送信メールサーバー・アカウント名・パスワードを入力します。
詳細設定(オプション設定)を行います。
アカウント名称は切替前と区別がつけられるものに変えておきます。
送信メールサーバーの認証設定を行います。
送信メールサーバーのポート番号を587に設定します。(OP25B)
設定が完了しました。
新たに追加したアカウントでエラーが出ないことを確認します。
弊社にて切替を実施するまで、2つのアカウントを保持しておきます。
STEP3 切替完了後
切り替え完了後、新アカウント側を標準で使う設定(既定に設定)に切り替えます。
旧アカウント側にメールが届かなくなったところで、旧アカウントを無効にします。
メールソフトによってはアカウントを削除することで受信済み・送信済みのメールがパソコンから消去されることがあります。
パソコン上から削除されたメールは、サーバに残っていない可能性が高く、弊社でも復元できませんのでご注意ください。